むち打ちについて

主な原因

  • 外からの強い衝撃(交通事故等)
  • 不意を突かれた状態での衝撃
  • 身構えることのできないような速い衝撃など

むち打ちによる外傷は、筋肉がショックを和らげるための防御をする間もなく衝撃が首を伝わることで、頸椎(=首の骨)に直接ダメージを与えてしまうのが最大のポイントです。
そのため頸椎に強い炎症を起こし、それが首の痛みや腕・手のしびれの原因となります。

この状態は身体にとって極度の緊張を強いることとなり、次第に腰痛や肩の痛み、頭痛、吐き気、背中のハリ感など全身症状へとつながっていきます。

種類

頸椎捻挫型
むち打ちの中でも最も一般的なタイプです。
事故等の衝撃によって首が激しく揺さぶられた結果、首の筋肉や靭帯が傷つき「捻挫」となったものです。
(例)首や肩のだるさ、重み、痛み等があります。
根症状型
神経根の症状が生じます。そのため、知覚障害や放散痛、反射の異常や筋力の低下を伴うことがあります。根症状型は、こうした神経症状を伴いますので、治療してもしびれがとれないという方が出てきます。
(例)身体の部位にしびれや力が入れにくい、といった症状が起こる。
バレ・リュー症状型
自律神経(主に交感神経)に異常を来していることが原因としておこる各主症状です。場合によっては、上述の神経根の症状と一緒に生じることもあります。
(例)眩暈や耳鳴り、息苦しさ等が挙げられます。
脊髄症状型
神経だけでなく、直接脊髄にまでダメージが及んだケースです。脊髄の損傷より身体にまひが残り、障害となってしまう事もありえます。

むち打ちかもしれないと感じたら

1
1~2日程患部を冷やし、寝るときは枕を低めにします。
2
痛みが落ち着いてきたら温めます。
3
最初に炎症を起こした患部を冷やし、熱感を取り除いてから、温めて治すようにします。
4
温めるのは、筋肉の緊張を解く効果があります。

※むやみに動かしたり、マッサージするのは良くありません。

可能性のある症状
  • ・事故から数日後になって首・肩にハリ感が出てきた。
  • ・首を動かした時に筋が突っ張る。
  • ・首や肩が熱っぽい。
  • ・手や足にしびれ、またはだるさがある。
  • ・顎に違和感や痛みがある。または口が開けづらい。
  • ・手や足にしびれ、またはだるさがある。
家庭での注意点
  • ・正しい姿勢を心がける。
  • ・患部を冷やさないようにする。
  • ・筋肉をバランスよく使う運動を心がける。
  • ・疲労やストレスをためない。

お問合せはこちら

事故や怪我にあったら

見習い募集

公益社団法人 滋賀県柔道整復師会

交通事故治療情報センター

近江整骨院

  • 〒520-2423
    滋賀県野洲市西河原1-2225
  • [診療時間]
    午前 9:00~12:00
    午後 3:00~7:00
  • [休診日]
    日曜・祝祭日・水曜日午後
  • [電話番号]
    077-589-8911