事故や怪我にあったら

事故や怪我の時の応急処置

むち打ちに限らず、急な怪我や事故などの時、応急処置の方法として一般的なものに、RICE(ライス)処置と呼ばれているものがあります。

Rest=安静 Ice=冷却 Compression=圧迫 Elevation=挙上
これらの頭文字で、RICE(ライス)処置と言うわけです。

急性的な怪我の直後、この処置をする事で患部をそれ以上悪化することを防ぎます。

STEP1
Rest(安静)

怪我をした患部を動かさずに安静にすること。この処置を最初に行います。

STEP2
Ice(冷却)

患部の冷却。患部を冷却することで痛みの緩和や腫れ、炎症を最小限に抑えることができます。
氷のうや保冷材などを、患部に直接触れないようにタオルや布で患部を覆ってから使用して下さい。

STEP3
Compression(圧迫)

適度な圧迫を冷却と同時、もしくは冷却の後に患部に与えることで、腫れや炎症を抑制します。

STEP4
Elevation(挙上)

患部を高い位置に保つことで炎症や腫れ、痛みを最小限に抑えることが出来ます。
交通事故の場面に遭遇した場合、冷静な判断や的確な応急処置方法などは分からなくなってしまうものです。

事故などに遭った落ち着いて対処し、速やかに救急車を呼ぶことが重要です。
また、事故車が道路の通行や安全を犯すことがないよう、車や破損物、落下物などを道路の路肩に寄せて、他の車が安全に通行できるようにして、安全を確保することにも注意してください。

お問合せはこちら

事故や怪我にあったら

見習い募集

公益社団法人 滋賀県柔道整復師会

交通事故治療情報センター

近江整骨院

  • 〒520-2423
    滋賀県野洲市西河原1-2225
  • [診療時間]
    午前 9:00~12:00
    午後 3:00~7:00
  • [休診日]
    日曜・祝祭日・水曜日午後
  • [電話番号]
    077-589-8911